料理関係の民間資格~人気の資格~

料理関係の民間の資格はたくさんありますが、合格の基準もさまざまですよね。その中から、最近人気の『野菜ソムリエ』と持っていると就職にも有利な『家庭料理技能検定』をご紹介しましょう。

●野菜ソムリエ
最近、人気の高い野菜ソムリエ。この野菜ソムリエには、3つのレベルがあります。
・シニア野菜ソムリエ
社会で活躍できる実践的な力を身につけるためのコースです。思考力の訓練と野菜・果物に関連する分野とで構成され、思考力の訓練を通じてビジネスの基礎知識や社会で活躍するための応用力を身につけます。
・シニア野菜ソムリエ
野菜・果物の正しい基礎知識を習得していきます。また、その学んだ知識の伝え方やレシピ提案に役立つノウハウなども学びます。
・野菜ソムリエ
ジュニア野菜ソムリエコースで学んだ知識や考え方をベースに、野菜・果物の生産・流通・マーケティング・鮮度保持・品目について学びます。農業や青果物流通業界の歴史に触れることで、青果物をとりまく環境を的確に認識し、野菜・果物の楽しさを世の中に広め、感動を伝えていくことを目指します。
各レベルとも、講座終了後に試験を受けます。受講料ですが、それぞれ試験料を含み、357,000円、133,350円(入会金10,500円、受講料122,850円)、155,400円と少し高額です。

●家庭料理技能検定
 食生活に関する正しい知識を持ち、味がよく、見た目も美しく、栄養バランスのよい料理が作れるようになることを目的とした資格です。
あまり広くは知られていないのですが、文部省後援の資格です。1級~4級まで段階があり、それぞれのレベルに応じた問題が出題されます。調理方法、下ごしらえ、献立、食品の知識などが問われ、筆記と実技で合格判定がされます。
 初歩の4級から始めれば、勉強をしながら基本的な調理方法や、調理器具の使い方などを身につけることができます。また、1級や2級を持っていれば、ホームヘルパーや食品会社の開発、各施設の栄養士等の就職活動で有利になります。